元気が出るアミノ酸

 

オルニチンサプリおすすめランキングはコチラ

 

オルニチンとは?

オルニチンは遊離アミノ酸の一種。

 

相互にペプチド結合してタンパク質になるアミノ酸と違い、遊離アミノ酸は他のアミノ酸と結合せずに活動します。

 

単独のまま血液に溶け込み、体のなかを巡って必要な場所に向かいます。

 

特に肝臓では「オルニチンサイクル」という解毒分解作用を助けて疲労を取り除きます。

 

朝の目覚めがすっきりして、体にパワーを感じます。

 

忙しい人や夜のお付き合いが多い人には特に摂取を勧めたい成分です。

 

オルニチンの効果

オルニチンには肉体疲労、飲みすぎによる疲労に強い回復効果があります。

 

そのしくみはオルニチンサイクルによります。

 

オルニチンサイクルとは、尿素回路とも呼ばれ、肝臓の中で起きる化学反応の連鎖です。

 

代謝や運藤で発生するアンモニアを解毒分解して、無毒な尿素に変えます。

 

アンモニアはミトコンドリア内のエネルギー産生を阻害します。

 

つまりアンモニアを取り除くことは、エネルギーをスムーズに産生することにもつながります。

 

オルニチンは、アルコール性疲労を取り除く効果もあります。

 

このように、オルニチンは肝臓疲労を取り除き、ひいては全身の疲労回復を促進します。

 

オルニチンを摂るには?

オルニチンを多く含む食べ物は、しじみ・ヒラメ・キハダマグロ・チーズ・エノキタケなどです。

 

とはいえ、含有濃度は低く、十分な量を摂るにはかなりの量を食べる必要があります。

 

一番多く含まれているのはしじみで、しじみ汁が肝臓にいいというのは有名な話。

 

それでも相当量の濃縮しじみ汁を毎日飲むというのは、現実にはかなりの苦痛です。

 

栄養の摂取は食事から、が基本という考え方は正しいです。

 

でも微量栄養素もすべて食事からの摂取にこだわると、いろいろマイナスも出てきます。

 

食費とか、調理の手間とか、他の栄養分の摂りすぎになる心配とかです。

 

オルニチンに関してはサプリも積極的に考えていったらいいのではないかと思います。

おすすめのオルニチンサプリ(プレーン編)

外国製のサプリにもいいものはあると思いますが、裏が取れません。

 

このサイトでは信頼性のある国産メーカーの有名商品を中心に紹介していきます。

しじみ習慣

しじみ習慣
食品からオルニチンを摂りたい人には、やはり「しじみ」がダントツの含有量です。

 

食品が原料のサプリは合成物質の不安がなくていいですね。

 

いくつかの有名商品がありますが、自然食研の「しじみ習慣」はその中でも群を抜く知名度があります。

 

テレビCMでも有名ですね。

 

このサプリにはオルニチンをはじめ、多種のアミノ酸・ビタミン・ミネラルが、自然素材ならではのバランスで含まれています。

 

台湾・花蓮産の「黄金しじみ」を素材とし、ソフトカプセルの材料にまで厳選しています。

 

貝類は水中の汚染物質を蓄積しやすい特性があるので、品質管理にもこだわっているとのこと。

 

外部の専門機関に委託して、細菌・ヒ素・重金属・抗生物質・残留農薬150項目におよぶ厳しい検査を行っている点も安心です。

 

しじみ習慣の公式ページを見る

 

当サイトはアフィリエイトプログラムによって運営されている為、
特定商取引に関する法律に基づく表記については、各販売店様のサイトにてご確認ください。
できる限り正確な情報を掲載しておりますが、その全てを保障するものではありません。
正確な表記をするよう心掛けていますが、値段などは各販売店様のサイトにて 再度ご確認いただきますようお願いいたします。
また、 当サイトのご利用により生じたいかなる損害において、販売店様は一切責任を負いません。

協和発酵バイオ・オルニチン

オルニチン
純粋なオルニチンのサプリなので、その強さが魅力です。

 

1粒で、しじみ約300個分のオルニチンを含んでおり、食事からでは無理な効率です。

 

ただし、製法は化学合成ではなく、発酵なので安心感もあります。

 

味噌やヨーグルト同様に、微生物による発酵法で作られているのです。

 

協和発酵バイオは、世界で初めて発酵法によるアミノ酸の工業化生産に成功した有名バイオ企業。

 

オルニチンサプリは有名国産メーカーの製品が少ないこともあり、同社のオルニチンの売れ行きはトップクラスです。

 

ユーザーからは、朝起きた時の「軽さ」が違うと、評判です。

 

多忙な人やお酒のお付き合いが大変な人におすすめします。

 

協和発酵バイオのオルニチンの公式ページを見る

シトルリンもおすすめ

オルニチンと関連の深いアミノ酸として、アルギニンとシトルリンがあります。

 

シトルリンは今話題の「血管年齢」を若く保つための成分です。

 

血行をさかんにし、動脈硬化を防ぎます。

 

興味がある人はこの機会に下記サイトで少し勉強してみましょう。

 

シトルリンの効果とおすすめサプリメント